免疫治療で病魔に打ち勝つ|がんの転移は早めに防ごう

病院

煙や空気で肺に大きな負担

医者

日本人男性に多いがん

肺がんは日本人男性のがんによる死亡率の1位を占め、しばらくその状態が続いています。女性は男性と比べて高くはありませんが、それでもその数は少なくはありません。どうしてここまで肺がん患者が多いのかは、それは喫煙習慣が大きく関係しているのです。喫煙が肺の組織をがん化させてしまう働きを持つので、長年の習慣で発症率がどんどん高くなってしまうからです。今の日本では、健康被害の知識が広がったお蔭で、禁煙する人が増加してきました。しかし、肺がんを発症してしまう人は少なくならず、しばらくはさらに増えてくると見られています。その理由が、団塊世代やその上の世代が昔喫煙してきた習慣が長かったため、しばらく経って肺がんの症状が出てくる人も多いのです。禁煙を始めたとしても過去の喫煙習慣が長ければ、肺がんの可能性はなくならないとは言いきれません。今後の患者数に備えて、医療機関でも十分な体制で取り組まれています。

喫煙以外に気を付けること

肺がんの原因は、この喫煙によるものだけではありません。喫煙習慣がない人でも、周りのたばこの煙を吸うだけで受動喫煙となってしまうため、十分に気を付けなければいけません。一緒に住むパートナーが喫煙する場合なら、ある程度の配慮が必要となります。また、たばこの煙以外にも、排気ガスや工場からの煙による大気汚染などでもリスクが考えられます。これを避けるには、各地域の大気汚染情報を意識していくようにし、マスクを身に付けることも大事です。そして、定期的に肺の検査を受けていくことで異常を早くに発見していくことができます。これは定期健診で行われるレントゲンで確かめることもできるので、喫煙経験がある人やない人でも受けていきたい検査です。