免疫治療で病魔に打ち勝つ|がんの転移は早めに防ごう

病院

治療のためにできること

看護師

胆管がんに限りませんが、がんを治療するためには早期発見が一番の課題となります。定期的にがん検診などを受診し、自分の身体の状態を常に確認することで異常を早期に発見し的確な治療を受けることにつながるでしょう。

View Detail

煙や空気で肺に大きな負担

医者

肺がんは、たばこの煙や空気中の大気汚染によってもその可能性が出てきてしまいます。症状に気づきにくい特徴もあるので、検査を定期的に受けていくことで健康状態を守ることができます。喫煙習慣が過去に少しでもある人は、特に症状に気を付けていくことが大切です。

View Detail

病気が進行してしまったら

男性

病気が進行してくると

最近日本人に増えてきているがんは、異常を起こした細胞が際限なく増えてゆくため、進行してくると体のあちこちに転移を引き起こします。このようになると、一般的な治療が難しくなってしまったり、体に強い痛みが生じてきたりします。そのため、例えば、転移による体の痛みがある場合は、痛みをとるための治療も合わせて必要になります。このように、最初は一箇所で起こったがんも、時間と共に進行してくると、治療を体全体で考えなくてはいけなくなります。病気が進行する前であれば、がんに侵された対象の箇所を手術で切除したり放射線をかける、などのいくつかの治療法があります。しかし、がんの進行とともに、選べる治療法がだんだんと限定されてきます。

効果的な治療法がある

病気が進行してくると、それにつれて受けられる治療も限られてきます。体の他の部分に転移が進んでしまった場合にできる治療として、免疫治療が特に効果的です。この治療には、がんと戦うための体の抵抗力を強化するという大きな目的があります。がんという病気に負けないために、体全体の免疫力を高めることが、この治療法の最大の特徴です。このようにがんに対する抵抗力を強化することにより、体の各場所にできたがんを縮小することが可能です。病気が進んでしまっている状態でも、この治療がうまく働けば、あちこちに転移していたがんを消すことができます。そのためには、正しい方法で免疫療法を行って、体の免疫力をアップさせることが大切です。

ガンは他の病気と違って転移や再発がある恐ろしい病気なのです。今の医療では、転移や再発の予防することができるのです。ガン治療はとても長い戦いになる可能性が高いです。しかし、ガン治療でガンに勝つことができるなら、その人は病気にかかることがないのです。予防するためには、定期的に検査しに行くことやサプリメントを摂取することが大切なのです。このように、とにかく栄養を摂取すると体は復活して、いきいきとした生活をおくることができます。

増加中のがん

花

大腸がんは日本人に多いがんですが、昔と比べてその原因が増えてきたのは確かです。しかし、医療体制も進化してきたこともあり、初期であれば比較的スムーズな治療で済みます。大腸がんを予防するには、生活習慣の見直しと検査を定期的に受けていくことが大切です。

View Detail